四柱推命

男の子の赤ちゃん

男の子の赤ちゃん

男の子はほとんどが、生まれたときに決めた名前で一生を送ります。

簡単に改名することも出来ませんから、慎重になりますね。

総格を考えるときは吉数をもってきてあげたいですね。

でも、命名ですから、まず地格ですね。

名は地格にあたります。

気を付けたいことは、異性関係でしょうか?財運でしょうか?

どちらも男性には大切ですね。

四柱推命

四柱推命では財運も妻運も同じ財で表します。

あまり異性関係がだらしなくなると、家庭で不和を起こしたり、孤独になったりしやすくなりますし、争いの種になってしまいますね。

争いになれば、財も分散されて減ってしまいます。

それでその時に注意したいのが、12や22の数字でしょう。

五行も陰の木、草花にあたります。女子の五行ですね。

性的魅力があり、異性が放っておきません。

これは、女の子も同じで、柳腰の美人、幸薄く美人薄命となりますが、女の子は結婚で変化します。

潜在意識

しかし男の子の場合、結婚して名前が変わることがないので、変化はしません。

それは、ずっと同じ潜在意識をもって過ごすことになります。

そうすると、運気の変化があったとき、その意識を持ったままだと自分を律することが難しくなります。

具体的には、四柱推命では30年の大きな波と10年の波があります。

その変化の時に財運が回ってくると、お金の出入りが多くなります。

お金が入ってくるようになると、女性も寄ってきますね。

だらしなくなくなってしまうと…想像できますね…

その時にその人のエネルギーが強く、その財を操れる力が備わっっているならば、それはその人の本当の財運となり家庭運となりその人の財産です。

美的感覚がありセンスも良いので、そういう仕事であれば成功するでしょう。

でも、その力がなければ右往左往することになり苦労します。

ですから、男の子の赤ちゃんの名付けで、地格と人格は12画と22画を使う場合は気を付けて下さいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください