家庭運・社会運

社会運・家庭運Ⅱ

家庭運

☆総格 ― 天挌(姓)の一番上の字 = 家庭運
家庭内でのありようを判断します。親子の関係、夫婦関係を見てその人の内面を見ます。

結婚してからの家庭環境が現れます。結婚運の有無もここで判断します。

女の子の場合は、結婚して姓が変わったときに、この家庭運が吉数だと、良きパートナーに恵まれて、子ども縁も良好で幸せな家庭を築けます。

夫婦2人が吉数なら、とても良いパートナーを手にした者同士うまく行きます。

避けるべき画数

12、22,34画はやめておいた方がよいでしょう。

女の子では、結婚して最初の頃は幸せそうですが、少しずつほころび始めます。夫の浮気に悩んだり、金銭的苦労が絶えません。

男の子は、釣った魚に餌はやらないタイプです。

14,19,27,28,43,44,54画も注意が必要です。

相手の家族の金銭的トラブルに巻き込まれたり、子どもの苦労が絶えません。なかなかスムーズに結婚生活は進みません。幸せが長続きしないようです。

突発的な災難に見舞われる暗示があります。

20画ですと、夫や子供に縁が薄いようです。

25画は家族を自分の思うようにコントロールしようとして失敗します。

26画は、家庭に縛られるのを嫌います。

家庭運の吉数を紹介しますので参考にして下さい。

女の子の場合、結婚するまでは、家庭運を社会運の画数で判断しますので参考にはなりません。

家庭運

女の子

3、5、11、13、15、16、18、24、31、32、41、45、47、48、61、63、65

男の子

3、5、6、11、15、16、18、21、23、24、29、31、33、37、38、39、41、45、47、48、61、63、65、67、68

大吉数や吉数で命名なのに、なぜかしっくりいかない思われる場合は、一度この社会運・家庭運をチェックしてみるのも良いかと思います。それで、納得の行くところがあれば、この部分も吉数になるように考えて見てはどうでしょうか?

もう一つ、大切な同格悪というものがあります。

家庭運、社会運の同画となると、他の良い部分がかき消されてしまいますので、同画数は絶対に避けた方が良いとされています。

男の子の社会運、家庭運が同画数になっていると、仕事が行き詰まり始めると、家族への責任を放棄します。

50歳前後でなんらかの、波乱が待ち受けています。

これは、吉数の場合も楽観できません。

仕事でのトラブルか健康への赤信号、家族との別れなどです。

この家庭運と社会運の同画のことは縦同画と呼ばれ注意が必要です。

次回は、この同画のお話をします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください