未分類

命名・時代の変化

命名の本来の意味

名前は与えられるものです。両親からであり、天からであり、授けられるものでした。赤ちゃんも天からの授かりものと、良くいいますよね。

しかし、今の姓名判断は後天的な部類に入りつつあります。

本来は、命名されたとき、いわゆる名前を付けたときに、その名前の運命を背負うのではなく、遺伝や先天的なものによって、運命を示した名前が与えられるという考え方でした。

ですから、女の子は結婚やなんらかの運命の変化することも、あらかじめある程度、決められていると考えます。

昔は、あまり計算せずに命名していたので、先天的にもって生まれた名前が付けられていました。ですから、姓名判断でその人の運勢を読むことが出来たのです。

現代の命名のありかた

でも、現代は情報が先にありきの時代ですから、良い画数の名前をと、両親が考えて付けてしまっています。

良いと言われる画数へ無理やりにでも当てはめているわけですね。ですから、画数を合わすために、妙な漢字の羅列などの名前を見かけるのです。

それは、それでいいのですが、そうすると統計的という言葉があいまいになり、ある方向付けが出来てしまいます。これは、四柱推命などにも当てはまるのですが、帝王切開で産まれた赤ちゃんは、自然出産で産まれたわけではないので本来の運勢を読みづらいと言われることがあります。

それと同じですね。

でも、これなどは、その日に生まれるように帝王切開という手段を選んで産まれてきたとも言えます。昔は、産まれることが出来なかった赤ちゃんが、現在の技術で生命を授かることができるのですから、有難いことだと思います。

結構、両親が考えて考え抜いた名前のつもりでも、それは、そういう名前を与えられているからです。

ですから、今の情報社会を利用して良い画数の名前を付けてあげるのは、良い運勢の赤ちゃんが増えることですから、むしろ、未来は明るいと言えます。

本来持って生まれた気性や性質は変えることが難しいと言われています。

ですから、あまり神経質になってもどうかと思います。

命があるかぎり、修正をしながら、生きていくのが人生ですからね。

様々な性格や性質のの赤ちゃんがいて当然ですし、様々な人生があって良いのです。

このサイトでは、統計上の良いことも悪いことも両方書いて、お父さん、お母さんが自分で命名できるように、姓名判断の訳を書いています。自動姓名判断での判定結果の訳なども理解できるようにと書いています。赤ちゃんの命名を考えるときの順序を整理してみました。

参考にどうぞ。

  • 直感(つけたい名前や漢字)
  • 常識的かどうかを判断して考えること。
  • 画数の吉凶(総格、地格、人格、天挌、外格)姓名判断の始まりはここ!
  • 五格の吉凶(社会運と家庭運を入れた7運でも)
  • 五行三才
  • 呼び名
  • 陰陽配列
  • 余裕があれば生年月日(主に産まれる季節)
  • お父さん、お母さんや家族との相性など
  • 漢字の成り立ちも納得がいくかどうか?

この順番で考えて見て下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください