五格

総格について

姓と名前のすべての画数の合計ですね。

男の子なら優先するのは「人格・総格」です。

人格(じんかく)は、男の子の場合は、内面的本質的な価値観を表します。

総格(そうかく)は、姓名全体の画数の合計で、人生の後半の運勢や総合的な運勢を表します。生命力や能力の判断もします。

男の子は、この人格・総格のバランスが悪いと、将来的に悲観的になりがち、家庭運に恵まれない等と悪影響がでるといわれています。

赤ちゃんの性別が男の子だったら、この人格と総格を必ず吉の画数にしてあげて下さい。

もちろん、地格、外格も吉にするのには越したことがありませんがね。

でも、ここは女の子と違い結婚しても名前が変わらないですから、気を付けるべきポイントです。

今回は、総格を詳しく

人生の全体を表します。晩年になるほど影響力が出てくると言われています。

他の場所が凶数であっても総格が吉であれば、あまり凶にはなりにくいと言われているので、命名を考える場合はまず総画が吉数になるようすることが大事です。

この総格には霊数は加えません。

総格は、人生で保険のような感じかも知れません。

人生の幼児期が地格ですから、人格の中年期を過ごし、最後の総決算ですね。

年を重ねるほど影響が現れてきます。

また、生年期や中年期に努力したことが実るかどうかの判断の基準にもなります。

女の子の場合は、総格が凶数になると晩年に孤独になる暗示があります。

夫婦の運命は共同体ですから、旦那さんの晩年運に引きずられる形で妻にも影響があります。

男の子に人気の総格数23画であれば、吉の頭領運を持ちます。

出世運がありますから、飛躍大成します。人の上に立つ運の持ち主となります。

若い時に苦労のように見えることも、最終的には大成功を収めます。

こちらも人気の24画は、興産運 の大吉で、協調や調和を表します。

温厚で敵を作りません。晩年繁栄が約束されています。

人望があるので、財と異性に不自由しないと言われています。

あと、大吉といわれている、

31成就運、長男を表す数と言われています。人生の苦難は晩年に取り返す事が出来ます。大きな組織でいる方が、才能を発揮できます。責任感が強いので将来を約束された一生安泰の数となっています。

この、画数は女の子に良妻賢母の暗示がありますので、大吉数で女の子には敬遠されることもありますが、安心して使っていいと思っています。

32助長運、強運です。目上の引き立てや援助も多く、財運もあります。周りからの援助によるところが大きいので自惚れないようにすることが大切です。女性の場合調子に乗りすぎないようにすることが運の分かれ目です。

33天照運、これは、帝王運ということで以前に話しましたね。大きな組織では出世は間違いなく、独立した事業でも大成功を収めます。あまりに、強い運勢で周りの人にねたまれないように注意することが大切です。自重する心をもってすれば恐れることはありません。

女の子にはちょっと、難しい画数でしたね。帝王運のページを参照下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください