漢字

「陽」の意味・由来・命名

「陽」

「陽」の漢字からは、太陽を思い浮かべます。太陽は暖かく、周囲に暖かさをもたらし、皆の希望ですね。神様の上り下りする階段があり、その隣の台の上に宝玉が置かれ、神聖な光を放っている様子を表しているなんて、有難い漢字ですしね。積極的で、外交的、能動を意味し、なんらかの動きがあることを表すので、「陰」の言葉とは対照的な意味があります。

「陽」と「陰」で「+」と「-」ですね。余談ですが、落合陽一さんて方ご存知でしょうか?現、筑波大学学長補佐で、作家の落合信彦さん息子さんですが、この「陽一」という名前、エネルギーの、プラス、マイナスを意味して付けた名前だと言われています。ご両親の発想力に感動しました!お仕事がコンピューターや電子回路のデジタル装置を研究する方ですからピッタリですよね。

とにかく、陽は明るく、活動的な意味から、赤ちゃんの命名に使われることの多い漢字です。日のあたる場所ですから、明るく堂々と生きていく子の育って欲しいと願えますね。世の中は、裏も表もありますが、明るい表の世界を生きって行って欲しいと、お父さん、お母さんは思いますよね。そして、そんな子に育って、周囲の皆を照らし、引っ張って行って欲しいと思えます。フットワークの軽い子になって、先導役になる子になりそうです。又、生まれから「陰」の気の強い子には、この漢字を使うのも良いかも知れません。

女の子の名前

最近の人気の読み方「ひ」
「陽月ちゃん」(ひづき)16画
「陽菜ちゃん」(ひな)23画
「遥陽ちゃん」(はるひ)24画
「よ」の
「美陽ちゃん」(みよ)21画
「雪陽ちゃん」(ゆきよ)23画
三文字では
「陽羽子ちゃん」(ようこ)21画
「陽世里ちゃん」(ひより)24画

男の子

「あき」を使って、
「陽翔くん」(あきと)16画
「陽文くん」(あきふみ)16画
「はる」で、
「清陽くん」(きよはる)23画
「陽紀くん」(はるき)21画
「陽登くん」(はると)24画

「陽」の意味・由来

「阝」+「易」が組み合わさった、会意兼形声文字となっています。「阝」は段のある土山、今でいう階段の象形です。「易」は宝玉が光り輝いている様子です。組み合わさって、そこから、神聖な光が輝いているとなり、太陽の光→太陽となっていきました。「易」は次々と移っていく様子も表すという説もあり、改める、たやすい、優しいを表すとも言われています。

画数   12画

音読み  ヨウ

訓読み  ひ

名乗り・名付け

(あき、あきら、お、おき、きよ、きよし、たか、なか、はる、ひ、や、)

意味

1.日の当たる丘、明るい小高いところ、日向

2.山の南側、又、川の北側、どちらも日当たりに面している。

3.ひ、たいよう、太陽の光

4.あたたか、あきらか、あかるく、あたたかい、あざやかである。

5.対立する両面のうち、積極的、能動的なほう、地に対して天、女にして男。月にして日などまた、+の電気

6.人目のつくところ、又はっきり見えるさま、

7.いつわる。うわべだけ、みせかける、みせかけの

8.男性の生殖器

9.生きている、生きている世界

10.姓のひとつ

 

参照 学研 漢字源辞書

平凡社 白川静博士の漢字の世界へ

三省堂 漢字んな話 前田安正・桑田真 著

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください