漢字

「唯」の意味、由来、命名

「唯」

「唯」の漢字は「唯一」で、ただ一つだけで他とは違うとういことを表します。「唯心」哲学でいう「唯心論」とは人の心だけが世界を成り立たせているという考えで物質的ものは実在しないとうスタンスをとったものですが、まったくの非物質主義ではないようです。まず、心ありきで心の大切さを問うているように思います。

仏教の「天上天下唯我独尊」(てんじょうてんげ ゆいがどくそん)の言葉にも含まれる「唯」、自分はこの世に存在するただ一人の尊い存在であることを表しますが、ただ一つの強い意味は、力強い芯のある人間が思い浮かびます。この境地に達するまでに、人は様々な経験をするのでしょうが、大切な心の存在を忘れずに歩んでほしいですね。

子どもに、この世界で「唯一」一つの存在であることの尊さや、かけがえのない存在であることを知って人生を謳歌して欲しいと願えます。

生まれてきてくれた喜びを素直に伝え、生きていくことの尊さを感じられる子に育ってくれることを思い、唯一只一人の自分を大切にし、他と比べることの無意味さを教えてあげて下さい。

漢字の由来や意味を知り、命名の参考にして下さい。

「唯」の意味、由来、命名

祭事のときなど、神の御告げ占う儀式に使われた祝詞の入れものである「口」と、「隹」は鳥で神意を鳥に占ってもらった古代の儀式からくる漢字です。ただ、それだけ、ゆいつの、という意味、神に願いが受け入れられるとの意味の字でもあります。

ツクリの「隹」はずんぐりとした小さい鳥を意味するようで、一点の重みを感じさせます。その重みを感じる一点が集中することから、「唯」は1点に集中するという意味になり、→それだけ、そこだけとなり→ただ~だけと変化したようです。「唯」は「ただ~だけ」のように限定の意味を表します。

画数   11画

音読み  イ、ユイ

訓読み  ただ

名乗り・名付け

(い、ゆい、ただ、ゆう)

意味

1.ただ

女の子

「ゆ」の読み方では、

「唯愛ちゃん」(ゆあ)24画

「安唯ちゃん」(あゆ)17画

「真唯ちゃん」(まゆ)21画

「ゆい」の読み方では、

「唯禾ちゃん」(ゆいか)16画

「い」では

「未唯ちゃん」(みい)16画

「愛唯ちゃん」(めい)24画

男の子

「い」で、

「唯央くん」(いお)16画

「世唯くん」(せい)16画

「ただ」

「唯敏くん」(ただとし)21画

「瑛唯くん」(てるただ)23画

 

 

参照 学研 漢字源辞書

平凡社 白川静博士の漢字の世界へ