未分類

悠真くん

悠真くん

2017年度の赤ちゃんの命名ランキングが(株)赤ちゃん本舗から発表されていますね。

男の子は1位、蓮(れん)2位、悠真(ゆうま)、3位湊(みなと)です。
女の子は1位、結衣(ゆい)、2位、陽葵(ひまり)、3位凛(りん)です。

男の子の蓮くんと、結衣ちゃんの解説は「岩橋産科婦人科」のブログで書きました。

2位「悠真」くんの解説します。

五格から

名前の部分ですから、地格ですね。

画数は合計、21画です。

数字の21は 大吉で頭領運を持ちます。

頭がよく、努力型なので、人からの信用厚いので、苦労が実る大器晩成型となります。

親をしのぐ力があります。男の子は統率力が抜群です!女の子も男勝りですが信用抜群でみんなに、頼りにされますね。

漢字の成り立ち

「悠」は11画。「ユウ」「ユ」と読めます。

意味は、「想う、はるか、ゆったりした様子、気の長い様子」などがあります。

漢字の成り立ちは、「攸」は「亻」と「攵」に分けられ、どちらも人を指しています。

人の背中にもう一人の人が水をかけて洗い流している様子を表し、「みそぎをして体を清める」という姿を表し、この「攸」に「心」を合わせて、「悠」となります。

みそぎによって、身も心も清められて「心がゆったりと落ち着いた様子」や「気の長い様子」を表すようになりました。

おおらかな様子から、のびのびした落ち着いた印象を受けますね。
大器晩成を想像させます。

秋篠宮文仁親王の長男、悠(ひさ)仁(ひと)親王殿下にも「悠」の字が使われています。
お父様の秋篠宮親王も、「ゆったりした気持ちで、長く久しく人生を歩んでいくことを願って名づけました。」とおしゃっています。

「真」は10画。「シン」「ま」「まこと」です。

意味は「まこと、本当に、自然のまま、偽りのないこと、本質」など。

漢字の成り立ちは、以前は「真」は「眞」と書かれていました。

その成り立ちから「眞」の文字の上部の「匕」が「さじ」、スプーンですね。

下の「県」が「鼎」が器(うつわ)です。

器にスプーンで料理を詰め込むところから、空の状態ではなく中身がいっぱいになり「まこと」であるとなりました。

真摯な状態で、嘘偽りのない様子で「純粋で汚れがなく、まっすぐ」な様子ですね。

純粋な意味があり、赤ちゃんの命名では、いろんな良い意味を込めて使える漢字ですよね。

「眞」と「真」はどちらも人名用漢字ですから、命名に使えますしどちらも10画ですから使いやすい漢字です。

ここで、ひとつ、恐ろしい話!

「匕」とは人を逆さまにした形、「県」は人の首を逆さま懸けた形を表すとして、この二つの文字が合わさった漢字「眞」は死者を表すとされました。

肉体をもってこの世に生きる姿は仮の姿で、死んであの世へ行くのは永遠の「まこと」の姿を表すとして、この字が充てられという説も存在します。

この意味から、命名には「眞」を使わないという考え方もあります。

でも、この「眞」の字も秋篠宮家の眞子内親王さまにも使われています。

もし、悪い意味があるのなら使わないと思います。

結論

良い意味の「眞」「真」を命名に取り入れて、天真爛漫で、嘘をつかない真っすぐな人に育って欲しいという意味を込めてあげて下さいね!

「悠」「真」もどちらも良いイメージを抱かせる漢字です。

画数も21画ですから、赤ちゃんの命名の上位に選ばれるわけですね。

はやりの名前は結構、年代で偏るので、同年代に同じ名前が被る場合が多くあります。

でも、それぞれ漢字が違い、姓も違うのでそれぞれの個性が現れていてお父さん、お母さんは一生懸命考えれいるんだなぁ~と思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください