五格

羽生結弦選手

スケート選手の羽生結弦くん

平昌オリンピックでは金メダルおめでとうございます!清明の曲に合わせての演技、素晴らしかったですね。怪我のトラブルにも負けずに!「弓の弦を結ぶように凛とした生き方をしてほしい」とお父様が考えて、命名されたそうです。

まったく、その通りのしっかりとした息子に成長しています。堂々とした態度、人を気遣える発言も感心させられます。「結弦」人気の名前になりそうですが、一般の人がつけるのは少し、注意が必要だと思います。

地格にあたり名前の部分ですから、画数にまず着目して下さい。20画は、凶となっています。孤独を暗示する数字です。対人関係のトラブルの暗示から一人となることが多いです。勝負運があるので、スポーツの世界や競艇、競馬、賭博士などは、吉と出ることがあります。怪我や事故の暗示もあります。

アスリートの世界は孤独で、常に自分との闘いです。羽生結弦選手の完璧を求め、邁進している姿と重なりますね。この結弦選手は、羽生結弦選手だから、良いわけであって、一般の人には当てはまらないと思います。

又、23歳という若い時の運勢をつかさどる人格が、スポーツの世界ではピッタリな画数だと言うことから、今の運の状態となっています。

五格から簡単に解説すると、

天格11 は大吉数で、一族の宿命を表す場所となり、祖先は幸運な一族でした。長男や養子を表す数でもあります。

人格17は権威運 吉凶半々、人生の壮年期を表しています。頑固な面があります。意志強固で初志貫徹を表すので、大成運があります。勝負の世界では頭角を現します。

地格20 幼少期から、生年期、を表します。大凶です。災難に会うことも多く、孤独な数です。

外格14 凶の不安を表す数字です。寂しがりやの人が多いです。

総格31  成就運  長男を表す数と言われています。責任感が強く才知雅量もち、財運あり多くの人から尊敬され、将来を約束された一生安泰の数です。

家庭運25です。結婚後の運勢ですが、財運に恵まれる暗示がありますので、まぁいいですが、自分が家族をコントロールしたがります。

社会運23で、男の子は大吉です。負けず嫌いで頑張り屋さんですから、必ず、出世して頭角を現します。

陰陽配列は●○●●で良好な配列です。

五行三才ですが、木金水。金から木を見て、この関係は良くありません。生活習慣病やストレスに注意です。

金から水を見て、吉凶半々。若い時は順調ですが、中年以降の運気の停滞の暗示があります。体調に注意した方が良いです。

ゆずるの「ず」はにごり字ですが、男の場合はそれほど気にしなくて良いと思います。

 

四柱推命からは一言、お母さまにがっちり守られています(笑)