漢字

「瑠」の意味、由来、命名

「瑠」

「瑠」の漢字は画数が多く書くときに少し苦労しそうですが、漢字の意味の成り立ちには、綺麗な意味があり、漢字を当てる際に宝石を表す「王」と「ル」の音(響き)をもつ「留」を組み合わせて「瑠」という字になっています。

瑠璃(バイルリ)の略語で宝石の名前です。「ラピスラズリ」という石で、濃く深い青色をしていることから、この色を指して「瑠璃色」と呼ぶようになりました。ラピスは願い事が叶う石として有名ですね。

仏教では、この「瑠璃=ラピスラズリ」は「金」や「銀」と並んで貴重なもので「七宝」に数えられていました。「ラピスラズリ」はパワーストーン「最強の聖石」とされています。

「ラピスラズリ」の石言葉は「尊厳・崇高」です。 「瑠璃色」など色を表現しますが、この漢字の成り立ちは「音(響き)」に関係し、古くは、仏教が興った国・インドである宝石のことを「vaiḍūrya(ヴァイドゥーリャ)」と呼びました。これが音訳されるときに「バイルリ」と変化しました。 そこから「吠瑠璃(バイルリ)」と使われたのが始まりです。

この「瑠」の漢字の入った花で瑠璃菊があります。別名「ストケシア」と呼ばれて夏に青やピンク、紫の可憐な花花を咲かせます。花言葉は清楚な娘、追想、追憶です。

綺麗なイメージの文字ですから、赤ちゃんに使うのにはピッタリです。冒頭でも書きましたが、子どもが幼いうちは名前を書くときに画数が多く書きにくく、「瑠」の漢字を習うのは中学からです。小学校の間はひらがなで書いてもいいかも知れません。

「る」の音の響きからは、負けず嫌いです、努力を惜しまない気質を持ちます。自分の信じた道を一直線に突き進みます。美しいものが大好きで、自分のセンスを大切にするアーティスト気質、いわゆる芸術家な側面がありので、時代に沿ったセンスを持ち合わせます。

あまりに突っ走りすぎて周りを振り回したりして、人の意見を聞けなくなるところは注意が必要です。美意識が高く、興味のあるコトと、興味のないコトが、とてもはっきりしています。感情に素直で、思ったことが顔に出やすい人です。

「瑠」の意味、由来

形声文字で、玉連の玉を縦の紐で通した象形で、同じ形のものを左右対称におくという意味があり、「琉」の異字異体字になります。「流」にも通じて、流れるの意味から区画された田畑、田の間を流れる水がとどまっている意味も含み、美しい色をとどめた玉を意味して、七宝につながり「瑠」という漢字が成り立ちました。

七宝」とは、「しっぽう」と読み。仏教で言われる7種の宝のことで、代表的なもが、金,銀,瑠璃,玻璃 (はり₌水晶) ,しゃこ (貝) ,珊瑚,瑪瑙 (めのう) とされています。「璃」と同じ意味で使われることがあるのは、七宝の一つだからです。「瑠璃」は紫がかった濃く深い青色のガラスで、「玻璃」は無色で白色のガラスや水晶を思い浮かべると分かりすいですね。

画数 14画

音読み りゅう、る

訓読み -

名乗り・名付け るり

意味

1.ガラスの古称

2.紫がかった紺色、瑠璃色の

女の子の命名

「瑠璃ちゃん」(るり)29画

「瑠花ちゃん」(るか)21画

男の子の命名

「瑠惟くん」(るい)25画

「瑠希くん」(りゅうき)21画

 

参照 学研 漢字源辞書