命名

スポンサーリンク
漢字

「暖」の意味・由来・命名

「暖」 「暖」の漢字は一文字を見るだけで、あたたかいイメージがします。ポカポカとあたたかい様子が思い浮かぶので、赤ちゃんの命名に使うにはピッタリでしょう。春をイメージさせる漢字ですから、春生まれの赤ちゃんによく使われています。 一文...
漢字

「凛」の意味・由来・命名

「凛」 一文字の名前が流行しているので、最近は、本当のところは一文字の名前をつけてもいいのか?ダメなの?と本当によく聞かれます。2019年3位に上がってきている女の子の命名の「凛ちゃん」も一文字の名前ですね。 本当に意見はさまざまですから...
漢字

「絢」の意味・由来

「絢」 「絢」 の漢字はトップページでも解説しましたが、「豪華絢爛」の四字熟語に使われ、上品で華麗や高貴な意味があります。漢字は中国発祥ですが、中国の論語の中に「素を似て絢となす」とあり「素のままの自分に化粧をする」とあるのお...
漢字

「綺」の意味、由来、命名

「綺」 画数に悩むときに使える「あや」の読み方で使えます。あまり見かけないかも知れませんが、一般的によく使われる漢字です。読み方が「あや」にはつながりにくイメージですが、最近の命名では見かけることもあるので、これから人気の出る漢字になる可...
漢字

「綾」の意味、由来、命名

「綾」  「綾」の漢字も命名で良く使われます。「あや」の読み方と漢字の持つイメージが上品だから人気があるのでしょう。もちろん、漢字の意味にも深さがあり、絹織物を意味して、糸と糸が筋目のある模様を作り出した意味があり、貢物として上等な絹織物...
漢字

「文」の意味、由来、命名

「文」 「ふみ」と読みますが、「あや」とも読みます。 「あや」の読み方での命名は女の子に多く人気で、「あや」は多くの漢字が使われています。「彩」「文」「絢」「綾」「紋」「郁」「英」「恵」「朱」「純」「順」「彰」「章」...
漢字

「彩」の意味、由来、命名

「彩」 「彩」の漢字を使い想像を膨らませると、色彩豊かな人生を歩んでいけるようにと命名することができます。どちらかと言うと女の子に使われることが多いでしょう。いろどりを添えるという意味からも、何か色を付け足すことで、華やかさが増して、場を...
漢字

「瑠」の意味、由来、命名

「瑠」 「瑠」の漢字は画数が多く書くときに少し苦労しそうですが、漢字の意味や成り立ちには、綺麗な意味があります。漢字を当てる際に宝石を表す「王」と「ル」の音(響き)をもつ「留」を組み合わせて「瑠」という字になっています。 ...
漢字

「紀」の意味、由来、命名

「紀」 紀州の「紀」である「紀」の漢字は、関西では馴染みがありますね。〇世紀の「紀」が使われているので普通に使われている漢字のひとつとして思い浮かびますが、漢字には深い意味があります。 順序良く始める、順序良く仕事する、順序良くしる...
漢字

「磨」の意味、由来、命名

「磨」 「磨」の漢字は、熟語でも、「磨研」(とぎ、みがくこと)「磨琢」(玉などをみがき、かどをとること)と、「みがく」を意味するものが多いです。命名では意味を込めるのは考えやすいですね。ただ石を磨くのではなく、綺麗に仕上げるために...
スポンサーリンク
error: Content is protected !!