漢字

スポンサーリンク
漢字

「磨」の意味、由来、命名

「磨」 「磨」の漢字は、熟語でも、「磨研」(とぎ、みがくこと)「磨琢」(玉などをみがき、かどをとること)と、「みがく」を意味するものが多いです。命名では意味を込めるのは考えやすいですね。ただ石を磨くのではなく、綺麗に仕上げるために...
漢字

「歩」の漢字の意味、由来、命名

「歩」 「歩」はあゆみから、前に進む、進歩のイメージです。前を向いて、しっかりと進んで欲しいと思います。着実に一歩一歩前進して人生を歩んでくれると嬉しいですね。 漢字の成り立ちが右の足と左の足をたがい、たがいに出して歩むのですから、...
漢字

「輔」の意味、由来、命名

「輔」 「輔」の漢字は助けるという意味で、「助」「介」なども同じ意味が含まれています。「介」は長男ではなく次男に使われていましたが、この「輔」もどちらかというと次男に使われることの多い漢字でした。最近は長男にもよく使われています。 ...
漢字

「奈」の意味、由来、命名

「奈」 「奈」の漢字は読み方の「な」は響きが可愛らしく、女の子の止め字としてよく使われていて人気です。この漢字も左右対称で縁起の良い漢字となっています。 古都の都、奈良のイメージも浮かび、古き時代に栄えたみやびな雰囲気も浮か...
漢字

「里」の意味、由来、命名

「里」 「里」の漢字は、左右対称の漢字です。「日」とういう漢字に土の先が突き抜けているように見えます。土から、成長したものが太陽まで届くような形をしています。自らの努力次第では太陽まで届くような勢いで成長して行きそうです。 神の社に...
漢字

「嵩」の意味、由来、命名

「嵩」 この文字も女の子にはあまり使いませんから、気にしなくても良いですが、一応名前の頭に持ってくると後家相とはいわれています。 「嵩」の漢字は、「崇」と似ています。意味もそれほど違いはありません。そびえ立つ山ということで、気高...
漢字

「崇」の意味、由来、命名

「崇」 「崇」の漢字を見てどう思われますか?時々、「たたり」と読み間違えられることがあるんです。でも、「たたり」は「出」の下に「示」となります。「祟」これは、神や霊の「たたり」にあうの「たたり」です。 でもこちら「崇」は全然違います...
漢字

「翔」の意味、由来、命名

「翔」 「翔」の漢字は人気の文字ですね。 「翔翔」と同じ文字を重ねた熟語がありますが、形よく威儀を正して振る舞うさま、心がひろびろとしたさま、心配のないさまと、この漢字の良い意味が現れています。 空高く舞い上がるように...
漢字

「男」の意味、由来、命名

「男」 「男」の漢字は、まさに「おとこ」です。農作業などの力仕事では、男の力が絶対に必要です。力は、はたらき、はげむ、つとめるなどの意味が込められているようです。 農耕時代は土地を耕し、稲を植えて育て、収穫するまでに多くの人手が必要...
漢字

「士」の意味、由来、命名

「士」 「士」の漢字は、立派な男子ということで、戦などがあった時代には強さを誇示し、王族に使える身分であるから立派な人でもあり、皆の先頭に立つものであるという証明を表しました。日本では、さむらいの意味から現代は、弁護士、消防士、学士、○○...
スポンサーリンク
error: Content is protected !!